父とボーンブロスと

こんにちは!
ボーンブロス研究家の諸江栄美です

初めての方へ・・・ボーンブロスってなに?   「bone(骨)」+「broth(出汁)」でボーンブロス。鶏や牛などの骨からとった出汁のことを言います。長時間煮込むことで、骨や軟骨に含まれるコラーゲン、カルシウムなどの有効成分が溶け出し、美肌や美髪、アンチエイジングを助けるスープとして、現在西洋では広く認知されています。このサイトは日本に住むあなたへ、北海道産の牧草牛で作った「ボーンブロス・八雲」を始め、ボーンブロスを自宅で用意する事から始まる、豊かなライフスタイルを提案しています。

大変希少な 国産の牧草牛からお作りしたボーンブロス
「ボーンブロス・八雲」

↓↓↓↓9/4より発送開始いたします!

発送作業を止めているにも関わらず、ご注文頂きありがとうございます。

発送作業を止めている理由。。
それは、九州の実家の父親に会うためなんです。

今年7月に家族で沖縄へ

はい。
私の父は7年前に肺に癌が見つかり、外科手術で片肺を全摘しました。
ですが、その後もまた病巣が広がったりで、その度に化学療法(抗がん剤を投与)を選択し、色々なことを乗り越えてきました。

今から半年前。ついに脳に転移が認められ、
日常生活で動作しにくい事だとか、出来ない事がちょっとずつ増えてきました。

私は4年前に入籍したのですが、結婚式を挙げていなくて、それでも良いと思っていたのですが、家族の希望もあり、父とバージンロードを歩きたいという思いも出てきて、今年の2月に地元福岡で挙式したんです。

久しぶりに見ると、なんかやっぱり泣けてきますね。。

父の緊張した顔(爆笑)

ちょうどボーンブロスの工場がみつかり、「ボーンブロス・八雲」も形になってきた頃です。

それから数ヶ月が経過し、行ける時に行っておこう!と、父と母は度々旅行に出かけました。

いつもが、かけがえのない「今」の連続で。

今、父は外出するのが困難になり、自宅で療養をしています。

気力はとてもあって、父の中の「生きよう」とするエネルギーを、家族や医療関係者が総出で応援しています。

そんな中、夫に頼んで事務所からボーンブロスを配送してもらいました。

父にボーンブロスを。

牧場まで行って、これ私が製造販売してるんだよーっていう経緯を話そうものなら、きっと
「お前、また好きなことばかりして、なんばしよっとカー!」って言われるので言いません(笑)せいぜい、
「お父さん、これ牧草牛ばい!?超オーガニック!身体にいいと!」
これくらいにしときます(笑)

ハッピーボーンブロス!たち

ボーンブロスで、卵粥を作りました。

父の中の「生きる」エネルギー。
細胞の中の話をすると、直接エネルギーを生み出すものは糖や脂質であって、
ボーンブロスのアミノ酸は、そのエネルギーをもとにして、肉体を形作っていくもの。
あなたの体の中で、このスープが良き働きをしますように。

いつでも「今」を大切に。
一緒にいる時間を大切に。

皆さまへの発送は、9月4日から再開いたします。

素材にとことんこだわった安全安心のボーンブロス
「ボーンブロス・八雲」はこちら


ボーンブロス研究家の諸江栄美でした!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP