沖縄:ぬちまーすの工場へ

こんにちはー!
ボーンブロス研究家の諸江栄美です。

初めての方へ・・・ボーンブロスってなに?   「bone(骨)」+「broth(出汁)」でボーンブロス。鶏や牛などの骨からとった出汁のことを言います。長時間煮込むことで、骨や軟骨に含まれるコラーゲン、カルシウムなどの有効成分が溶け出し、美肌や美髪、アンチエイジングを助けるスープとして、現在西洋では広く認知されています。このサイトは日本に住むあなたへ、北海道産の牧草牛で作った「ボーンブロス・八雲」を始め、ボーンブロスを自宅で用意する事から始まる、豊かなライフスタイルを提案しています。

「ボーンブロス・八雲」ですが、間も無く再販が開始される予定です。
長いことお待たせしてしまい、申し訳ございません!

先日、沖縄へ行ってまいりました!

ボーンブロスの製造に使わせていただいているお塩の

ぬちまーす

の製造工場へと行ってまいりました!

敷地内に入ると、そこはもう聖域・・
空気が全然違いました・・

敷地内には、龍神様がお祭りされている見晴らしの良い区画がありました。

窓が曇っていてあまり見えないのですが、塩を製造しているところ

沖縄の言葉で、ぬち は(生命)まーす は(お塩)という意味だそうです
ぬちまーすは、生命のお塩

人が立ち入れない崖の下にぬちまーすの工場はあります。
そこの崖の下からポンプ式に海水を吸い上げ、浄化して乾燥させてお塩はつくられます。

異物がないか、職人さんが目視確認で選定しているところ

人が立ち入らないので、汚れのない海水が採取されるのだそうです。
ぬちまーすのソフトクリームを食べました。

ぬちそふと、美味し

ぬちまーすの学習視聴覚室にて

私が持っていますのは、ぬちまーすのお清め玉です。

「ボーンブロス・八雲」は、希少な国産の牧草牛を使用していますが、
牛骨以外の材料にもとてもこだわっています。

「お塩」と言っても色々あります。
食卓塩 のような「ナトリウム」から、このような天然塩まで、
一括りに「お塩」 と表示されているのですけど、やはり本物のお塩を使いたいと思い、こちらのぬちまーすを使っています。

マグネシウム量が半端じゃないんですよね。

他のお塩の比にならないでしょうっ
本当に素晴らしい、心から惚れ込んだ塩です。

ぬちまーす、HPはこちらです。
https://www.nutima-su.com

私が一番に大切にしたいのは、ボーンブロスを届ける人の健康、生命です。

少し飲むくらいだったら人工的なお塩が入っていても健康に障りはないのかもしれませんが、
ボーンブロスは、体が弱っている方にこそ召し上がって頂きたいのです。
そういった方にも、安心して召し上がっていただける成分でなきゃ。
そこの選定は私の責任ですからね。

あなたの周りで、ご病気でお食事が困難な方、
とても衰弱している方などがいらっしゃったら、是非お届けください。
もちろん、ボーンブロスは美容にもとても良いのですが、

まず生命に関わる方にお届けできたら幸いです。

どうか、そういった方の手元に届きますように、祈りを込めて。

シーサーちゃん^^

空港で、らふてー。
うまい!やすい!そして、早い!!!

無農薬のミントで作ったモヒート

ヤドカリちゃん

ボーンブロス研究家の、諸江栄美でした!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP