美容と健康に

美容と健康に

 

骨髄は、栄養の宝庫です!

さぁ、ボーンブロスが実際にあなたの身体にどの様な影響をもたらすのかを見てみましょう。

健康な腸をつくる

腸の健康は、もうとっても重要なテーマです。腸の長さは成人で約7.6メートル!その中には、なんと1500種類ものバクテリアや腸内細菌(フローラ)たちが生息しています。これらの細菌はすべて、身体の主人(あるじ)である、あなたのために生きているのです。彼らのお仕事は、あなたが食べたものの消化を助ける酵素を作り出したり、ホルモンを分泌したり、ビタミンの合成を手助けしたり、毒素を排出したりと、多岐にわたります。でも、残念ながら腸内フローラにとって、現代社会は優しい環境ではないのです。加工食品や食品添加物、抗生物質などは善玉菌を弱らせてしましますし、あなたがストレスを感じることも腸内フローラのバランスを崩しやすくしてしまいます。そうやって腸の壁に傷がつくと、すぐさまあなたの免疫系は、あなたの生命を守ろうと戦闘態勢にはいり、激しく攻撃を始めます。その結果、慢性的な炎症が起きて太りやすくなり、気分の落ち込みや肌荒れが起きたりします。ボーンブロスに含まれるゼラチンは、これらの症状を改善させて免疫機能を高めるので、腸内環境が整いやすくなります。ゼラチンは、胃酸の過剰な分泌によるダメージを抑えたり、あるいは胃粘膜の血流を増やして保護機能を向上させる働きをして、消化管粘膜を安定させると言われています。腸を大事に健康に保つ事は、あなた自身を大事に健康に育てていく事。お菓子作りなどに使用する箱入りのゼラチンパウダーは、砂糖、着色料、人工甘味料などが含まれるので、健康効果を求めてゼラチンを摂取するのであれば、やはり天然由来のフレッシュなゼラチン、すなわちボーンブロスを日頃から食べるのが良いでしょう。

肌や髪の毛、爪を健康に保つ

ボーンブロスは、上質なコラーゲンの塊の様なもの。人の皮膚や髪の毛、そして爪の大部分はコラーゲンから作られています。肌の真皮層の中にあるコラーゲンは、年齢とともに減少し、さらにそのコラーゲンの繊維同士を束ねるゴムの役割をしているエラスチンは、26歳をピークに、30代で約半分、そして40代でほぼゼロになってしまいます。美肌の要である、肌の弾力を保つという観点から見ると、やはりそれらは日々の食事の中で補っていく事が理想的ですね。ボーンブロスには、豊富なコラーゲンやエラスチンの材料となるグリシン、プロリンといった条件付必須アミノ酸が含まれるので、美肌の効果が期待できます。

抗炎症作用が高い

関節痛を和らげる

睡眠の質を高める

PAGE TOP