日本唯一の、「料理の神様」

こんにちは!
「ボーンブロス・八雲」の諸江栄美(もろえ えみ)です!

初めての方へ・・・ボーンブロスってなに?   「bone(骨)」+「broth(出汁)」でボーンブロス。鶏や牛などの骨からとった出汁のことを言います。長時間煮込むことで、骨や軟骨に含まれるコラーゲン、カルシウムなどの有効成分が溶け出し、美肌や美髪、アンチエイジングを助けるスープとして、現在西洋では広く認知されています。このサイトは日本に住むあなたへ、北海道産の牧草牛で作った「ボーンブロス・八雲」を始め、ボーンブロスを自宅で用意する事から始まる、豊かなライフスタイルを提案しています。

あなたは日本で唯一の、「料理の神様」をお祀りする神社があることをご存知ですか?^^
千葉県南房総市の千倉に佇む「高家神社(たかべじんじゃ)」さまです^^

高家神社本殿。おがくずのような、心安まる良き香りがする。

私は高家神社を初めてお参りした時から、この神社の大ファンになり、年に数回お参りさせてもらっています。
昨夜未明にアクアラインで海を渡り、今年最後のお参りに行ってきました。


なぜこんなにも魅かれるのか、いつお参りしても気持ちが新たになります。

南房総らしい、清々しい風

隅々まで行き届いた清掃

丁寧に剪定されたお庭や、きちんと揃えられたスリッパ

やさしい笑顔の宮司さんたち

訪れる人をもてなす心

煌びやかではないのだけれども、凛としており、なんだか品の良い和食のよう

高家神社は、神社まるごと「お料理の先生」みたいな神社です。

「お料理上手になりますように」人々の祈りが綴られている。

そして今朝はまた不思議なことに、夢に「料理のお師匠」みたいなお婆ちゃまが登場(笑)

おばあちゃまがすばらしいレシピを持っていたので、「教えてください!」と聞きに行くけどあまり伝わらず。
家に帰って母に聞くと、母がそのレシピを持っていて読ませてくれる、というなんだか象徴的な夢を見ました。

「料理の基本は、やはり家庭の味にあるんだよ」といったメッセージが込められているように感じました^^

「家庭の味」
それは、ボーンブロスを広める活動の中で、
私が最も伝えたいことです。

便利になった現代に、きちんと出汁をひく家庭はどれ程いるのか分からないのですが、
健康な身体づくりの基礎は、各家庭の食卓で育んでいくもの。

この時代にこそ、ボーンブロスを家庭で作り、家族みんなで消費するライフスタイルを、提案していきたいと思っております。

さぁ、いよいよ年の瀬ですね^^

来年は

・「ボーンブロス・八雲」のお届け開始
・3万人規模のフェスでの出店が内定
・「デリシャスの会」〜生産者たちの披露宴〜(仮名)発足

などなど、ワクワクする楽しみなことばかりです。

それでは来年もどうぞ、よろしくお願い致します^^

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 新製品3-1-1024x374.jpg です

北海道産の牧草牛からつくったボーンブロス、「ボーンブロス・八雲」は現在先行予約を受け付け中です!

ご予約はこちらからどうぞ







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP