骨髄は、栄養の宝庫!

ボーンブロスは新しい食事法ではなく、古代からの食事法です。

まだヒトよりも強い狼や肉食獣達が、先にマンモスの肉を食べていた時代

祖先達は肉食獣たちが食べ残した骨をすすって生命を繋いだと言われています。

まだ土器が開発されていない時代には、動物の胃袋に焼け石と骨を入れて栄養を抽出していたそうです。

このように環境に適応しながら必要な栄養を摂取し、命を繋いできました。

そのおかげで今の私たちが存在します。

DNAレベルで私たちの身体にその歴史は刻まれているから、

身体すべての細胞がボーンブロスを歓迎するんですね。

私はこのストーリーに、壮大なロマンを感じます。

最初、八雲牧場を訪れる前は、製品名を「SOSEN」にしようかと考えていましたからね(笑)

牧場を訪れて、名前に「八雲」を入れさせてと頂こうと決意しましたけど。

ちなみにネーミングに関しましては、八雲町の役場の方にご承認していただいております。

「ボーンブロス・八雲」開発のストーリー、

いにしえの人々に尊敬と感謝の気持ちを込めて。

「ボーンブロス・八雲」現在先行予約を受け付け中です。

ご予約はこちらからどうぞ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP